3次元レーザースキャナー

3Dレーザースキャナー測量とは

 レーザー光を対象物に照射し、反射光が戻ってくる時間とレーザーの照射角度から、測定対象物の3次元座標を取得します。 3Dレーザースキャナーにより取得するデータは、点群データ(X,Y,Z座標、デジタルカメラ画像によるRGBの色の要素と照度)です。
 3Dレーザースキャナー計測・測定・測量によって、構造物の出来高計測や、トンネルの内空断面変位計測、遺跡や災害、事故現場での記録計測などが効率的かつ効果的に可能となります。 またデータの保存、加工が容易に行え、データを蓄積し情報化することができるため、さまざまな対象について維持管理分野のためのデータ取得に活用することができます。

   弊社の測量事業をより強化するため、TOPCON社の3DレーザースキャナーGLS-1500を導入いたしました。 皆様、ケイデータエンジニアの最新機器をどうぞ、ご活用ください。

  • GLS-1500は新設計のレーザー光源を採用
  • 従来比約10倍にあたる毎秒30,000回のレーザー発光回数を実現
  • スキャンスピードの向上が、あらゆるスキャニング作業に対して生産性の向上に寄与
  • 高密度なピッチ間隔でもスピーディーにデータ取得が可能

3次元空間設計・解析システム

3D地形モデルの設計

  1. 三角網上で任意のピッチで路線を作成。
  2. 道路部分の法面を作成
  3. 道路部分の地形面を作成
  4. 現況の地形と作成した道路地形を合成
  5. 走行シミュレーションで道路を走行することも可能!
3Dデータの解析

 流水経路、傾斜分布、任意点での断面、堆砂計算、積雪、がけ崩れ、土石流などの地形変化量等の計算、 またこれらの計算結果をグラフィカルに表示し、全体的な様子をすばやく把握します。


断面計算

 IP法による線形計算と任意ピッチ指定で現況縦横断データを即時に作成します。 また、SIMAデータとしての入出力にも対応、DXF(2D)出力も可能です。


作業の流れ 

1.現地の状況確認
 落石状況・安全確保等の確認作業を行います。


2.レーザースキャナーの設置と計測
 急傾斜地等の危険地帯に入らず、安全に、また短時間で面形状の計測を行います。

3.データ解析処理(点群データ結合)
 点群データを元に様々なグラフィカル表示。縦断・横断の解析データを図面化します。

3次元データの活用 

建築物計測
 点群データをトレースすることで平面図を得ることができます。また3次元データなので断面形状も同時に取得可能です。

ボリューム計測
 メッシュグラフによる標高の確認ができます。また、メッシュによるボリューム計算を視覚的に確認できます。

トンネル計測
 3D設計データとトンネル形状の現況データを重ね合わせ、覆工コンクリートの体積を計算できます。

路面計測
 切削オーバーレイ用調査測量。表面の面形状をとらえ、縦横断データを自由な箇所で作成できます。
※切削オーバーレイとは、表面の悪い舗装を削り新しい舗装工事をする道路維持修繕手法。

こんなところで活躍します 

3Dレーザースキャナーは以下のようなシーンで活躍します。

災害調査・事故調査
 緊急性の高い作業もスキャナーなら多くの詳細情報を短時間で収集。 高密度な3D点群データは3Dモデルや等高線図、縦横断図面、土量計算など幅広く活用でき、 改修計画や浚渫計画の策定にも利用できます。こうした地形の3Dモデルは洪水、流水などのシミュレーションデータとして活用できますので防災分野へも活用が広がります。

路面形状計測
 道路舗装面の轍や凹凸を計測し、メンテナンス管理に活躍! 路上に観測者が行く必要が無く、通行規制をしなくても観測が可能です。 道路形状が全て3Dで表現される為、任意断面での形状算出が可能です。また、舗装資材の量を算出するためにも路面形状をスキャニングした点群データは役立ちます。

構造物調査
 構造物全体の3D形状データを得るこで、修復箇所の位置特定、サイズや形状の計測、修復部材の積算等、多岐に渡り利用することが可能です。 経年変化を確認することもでき、橋梁・鉄塔等の大型構造物メンテナンスの管理手法として最適です。

ボリューム計測
 土工事における運土量、マイニング現場における採掘量、処分場の埋立て量、砂防ダムの堆積量等の計測に活用できます。 ボリューム計算の精度向上や任意断面の断面形状算出等、より本来の形状を反映した成果を得ることができます。

河川・ダム・堤防計測
 災害調査では危険が予測される対象物の事前調査や防災対策の基本データとして、災害時の状況調査や復旧対策データに活用されています。 事故調査においても実地検分時に現況を取得することで事故状況の確認やシミュレーションを3Dの実寸法で検証することができます。

トンネルの内空断面計測
 連続した3Dの面形状を得ることにより、カーブや合流など複雑な形状をしたトンネルでも分かり易いデータを得ることが可能です。 任意のピッチでも断面形状を抽出でき、設計データや過去の計測データとの変化量(差異)も容易に把握することが可能です。

建築物
 図面の無い建築物も点群データをトレースすることで平面図を得ることができます。複雑な形状の地形や立体的な構造物などが含まれている作業でも、 カラー3D点群データを自由な方向から確認しながらトレースできます。また、断面形状も同時に取得することも可能です。